タイ

【オススメのお店はここ!】パンガン島のオススメレストラン

投稿日:

【オススメのお店はここ!】パンガン島のオススメレストラン

タイのパンガン島はフルムーンパーティーで有名な島です。その他EDMのパーティーイベントが多く開催されており、その参加を目的に多くの観光客がパンガン島に足を運びます。パンガン島はパーティーイベントで派手な部分はあるものの、パーティーイベント開催以外の時期は静かな島となります。

パンガン島に滞在するに当たって、もちろん美味しいご飯は食べたいものです。TripAdvisorやその他グルメ情報などのランキングも気になるところではりますが、この記事では実際に自分が行って美味しかったレストランを3つご紹介します。

Seoul Vibe Korean Restaurant

まず1つめのオススメは、Seoul Vibe Korean Restaurant(呼び方:ソウル バイブ コリアン レストラン)です。

★Seoul Vibe Korean Restaurantの評価★

美味しさ ★★★★★
安さ ★★
お店の清潔感 ★★★★(トイレがちょっと・・・)

Seoul Vibe Korean Restaurantは日本で言うところの「韓国料理屋さん」といった感じです。オープンエアー(かろうじて屋根があるねというレベル)なレストランです。メニューは”サムギョプサル(豚バラ焼肉)”がメインといった感じです。TripAdvisorのパンガン島レストランランキングも2位です(2018年8月現在)。人気の高いレストランです。

やはりこのレストランでは”サムギョプサル(豚バラ焼肉)”がオススメです。

本当に本場韓国で食べるのと変わらず、店員さんが焼いてくれますし、取り分けもしてくれます。それをサンチュやエゴマの葉っぱで巻いて食べる。普通に美味しいし、何も変わらない。韓国や新大久保で食べているのと、同じレベルです。

このレストランは逆に言うと、”サムギョプサル(豚バラ焼肉)”以外は微妙です。

微妙な理由としては、本来韓国料理の”赤さ”っていうのは唐辛子ベース(コチュジャンなども含む)だと思うのですが、ここではタイ向けの味付けにしているのか、ところどころに”ケチャッップ”を入れてしまっています。なので、ちょっと甘くなってしまっているのです。韓国本場で食べたことがある人にとっては、”赤さ”が入るようなメニューは選択しない方が賢明です。辛さ控えめが好きな方には、ちょうどよいかもしれません。

これだけは本当に残念なのは、トイレです。お店の外(というか対面しているビル)にあるのですが、これがまぁ汚い。施錠してあり、お店の人に声かけてから鍵もらって入る。それがめんどくさい。トイレは改善されることを期待します。

Monnalisa

2つめのオススメは、Monnalisa(呼び方:モナリサ)です。

★Monnalisaの評価★

美味しさ ★★★★
安さ ★★★
お店の清潔感 ★★★★★(居心地がよい)

Monnalisaは日本で言うところの「カジュアルイタリアン」といった感じです。オープンエアー(窓がないといった方がいいかも)なレストランで、東京ではよく見るタイプのレストランのタイ版といったところでしょうか。基本的に日本でカジュアルイタリアンに行った時と、メニューのラインナップは大体同等です。

どれを頼んでもハズレがなかったというのが、このレストランの良いところです。

パスタもピザも手打ちとなっていて、生の麺や生地の美味しさを感じることができます(乾麺も選ぶことができます)。東京のちょっといいピザ屋さんで食べるのと同じくらい美味しいです。

一番気に入ったところは何かというと、味とお店のキレイさのバランスです。

パンガン島には前述の通り、”窓がないといった方がいい感じのオープンエアーなレストラン”が多く存在します。その関係と海風が手伝って、いろんなところが錆びていたり、ちょっと見た目をキレイに維持できなそうなレストランが多く感じます。その点、monnalisaはキレイにしている印象と味がちょうど良く、居心地がよかったです。

Mr.K

他の記事でもオススメしたのですが、Mr.K(呼び方:ミスターケー)はオススメです。

★Mr.Kの評価★

美味しさ ★★★★★(パッタイのみ)
安さ ★★★★★
お店の清潔感 ★★★

Mr.Kは日本で言うところの「定食屋さん」といった感じです。オープンエアー(前述と同じタイプ)なレストランで、すごくキレイでオシャレでもなければ、汚くもない。本当に定食屋さんのような雰囲気のお店です。どこでも出会えそうなメニューのラインナップとなっており、インターナショナルフード(パスタやポテトなど)もあります。

但し、このインターナショナルフードは正直微妙です。実際食べてみましたが、消化試合になりました(笑)

何が美味しくて、この店に行くのか?それは”持ち帰りのパッタイ”です。これがなんとまぁ格別に美味しいです。しかも値段が50バーツ(約200円程度)と破格なお値段となってます。レストランの入り口に持ち帰り用の屋台があり、オーダーするとその場で炒めてくれます。5分もしないうちに完成して、持ち帰り用のパックに入れてくれます。持ち帰り用の唐辛子(レッドペッパー)も付けてくれます。

人によって好みはあると思いますが、とても日本人向けの味付けな気がします。というよりも、タイよりでも日本よりでも、どっちでもないような”ちょうどいい味”です。これに唐辛子(レッドペッパー)をかけて食べると、より一層美味しくなります。

Mr.Kのパッタイは私には世界一です!

まとめ

オススメのレストランをご紹介させていただきましたが、もちろんこれ以外にもたくさんお店はありますし、良いレストランはたくさんあります。

大好きな漫画「のだめカンタービレ」の中で、食べるのが面倒と答えた生徒に、日常の中に、食事をはじめ、音楽に通じるものがたくさん存在し、その様々なものから感性を育てることの大切さを説くシーンがありました。それを読んで以来、ずっと食事は疎かにせず、色んなレストランを探して行ってみようとなりました。

なので、この記事のオススメだけではなく、皆さんもいろいろ探して、いろんなレストランに出会って、感性を育てていきましょう。

記事を共有する

-タイ
-, , , , ,

Copyright© グッ旅 -GOOD TABI- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.