ニューヨーク

【ブロードウェイ絶対見るべき!】ミュージカルCHICAGO鑑賞レビュー

2019-03-22

http://goodtabi.com

ミュージカルの本場といえばニューヨーク・ブロードウェイですよね!ブロードウェイではたくさんのミュージカルが毎日開催されていて、全部を見るには相当な日数がかかるくらい様々なミュージカルが上演されています。

そんなニューヨーク・ミュージカルの中の1つ”CHICAGO”を見に行きました。CHICAGO鑑賞の経験を元に、チケット予約や行き方、会場の様子などをレポートしたいと思います!

為替レートはこちらを参考にしてください

 

ミュージカル”CHICAGO”とは?

CHICAGO(シカゴ)は1975年に初演されて以来、愛され続けて7300回以上の再演を誇るロングラン記録も持つミュージカルの1つです。お話の内容は以下にも記載しているのですが、実際以下の内容を読むよりも見たほうが簡単です。

禁酒法時代のイリノイ州シカゴを舞台に、記者のモウリン・ダラス・ワトキンスが調査した実際の犯罪および犯罪者を題材にした演劇『シカゴ』を基にしている。物語は刑事司法陣営の政治腐敗の風刺および著名な犯罪者の概念について描かれている。 シカゴ (ミュージカル) -Wikipediaより

簡単に言うと、”70年代の女性ダブル主演の風刺コメディ”っていう感じです。好対照な女性2人が繰り広げるコメディドラマっていう感じですが、政治的なような、大人っぽいような、ま、お子様向きではないのは確かです。

また、CHICAGOは映画化されたことでも有名です。映画版では第75回アカデミー賞(R)において6部門受賞しました。

シカゴ [DVD]

新品価格
¥2,098から
(2019/3/12 16:03時点)

事前に内容を把握するために、この映画版のCHICAGOを見ていった方が良いです。なんせ、実際のミュージカルは英語のみですから、英語が分からないとチンプンカンプンになってしまいます。

 

 基本情報(場所・スケジュール・チケット予約など)

場所

上演場所はマンハッタン・ブロードウェイにあるアンバサダー劇場(Ambassador Theatre)です。タイムズスクエアから歩いて3分くらいのところにあります。

CHICAGOっていう看板が大きく出ているので、すぐ分かる!

 

スケジュール

毎週水曜日が定休日のようです。定休日を除く平日・土曜はソワレ(夜公演)で20:00開始、日曜のソワレは少し早くて19:00開始です。土日はマチネ(昼公演)もあり、14:30開始です。

とはいえ、イレギュラーにお休みになったり、逆に公演日が増えたりなんなり・・・詳細のスケジュールはCHICAGO公式のチケット販売スケジュールをご覧ください。

 

席の種類・チケットの購入

CHICAGOのアンバサダー劇場は以下のようになっています。ちょっと変形?横長な劇場となっています。

 

席の種類やチケット購入方法は、ブロードウェイミュージカルチケット購入の3大ルートにてご紹介していますので、是非そちらをご覧ください。

日本語でチケット購入した場合は、”割引ミュージカルチケット販売サイト:あっとブロードウェイ”がオススメです。

 

 

実際に見た

日本でも何回かミュージカルを見てきて感動してきました。だからこそ、超えるものがあるのか?英語が分からなくても感動できるのか?ということを意識して鑑賞することにしました。

”CHICAGO(シカゴ)”を見た結果から言うと、心が揺さぶられました。感動というか、呆気にとられる瞬間が多いこと、多いこと。圧倒というか、すごいというか、何から何まで最高峰を感じました。人種、性別、体格差問わず、世界中の人が横一線で競い合って勝ち得た役なんでしょうね、迫力や演技力、歌声がもうケチを付けるところなしでした。日本とのレベルの違いに圧倒されました。

オケピが舞台の真ん中にあるって、珍しい

特にロキシー・ハート役の女優さんが158cmの私よりも背が小さいのに、演技の大きさやダイナミックさがハンパない!自分の体の小ささを物ともせず、素晴らしい演技力でビックリしました!

また、CHICAGOはジャズのミュージカルなので、演奏された曲は全てジャズなんですが、演奏もパーフェクト!もう何もケチを付けるところがありませんでした。

 

会場となっているアンバサダー劇場は、横長な感じでした。自分のイメージだと、カレーパンみたいな形?(笑)の劇場です。いろんな角度から舞台を見て回ったのですが、結構どこからも良く見えました。メザニン席でもオーケストラ席でも、どっちでも良さそうです。

2階のメザニン席からの眺め

1階から2階メザニン席の眺め

オーケストラ席に座った私の感想としては、やはりオーケストラ席の真ん中がいいんじゃないかと思います。右サイド、左サイドでもいいんですが、ずっと見てると首が左右のどっちかに固定されてしまって、固まってしまいます(笑)見終わった後にちょっと首が疲れます。それだけです。

実際に座った右サイドオーケストラ席から横を向くと・・・

実際に座ったオーケストラ席から舞台の眺め

実際に座った”J列”は前から10列目でした。遠くもなく、近くもなく、ちょうどいい距離感でした。トイレ(トイレは2階にしかない)行くのも、入るのも帰るのも結構便利な席でした。ま、通路側で1人席だったので、特に楽だったのかもしれません。

実際に座ったオーケストラ席J列

3列目くらいまでに座ると、最後にダブル主演の女性2人が投げるバラの花が取れる可能性があります。取れるっていっても、いっぱい投げるわけでもないので、見た感じ2~3人って感じでした。かなり取れる確立は低いです。野球でホームランやファールの球が自分のところに来る確立と似たような気がします。ま、でも、ワンチャン狙うなら、オーケストラ席のセンター、3列目までの席を選んで座ってみてください。

 

会場の中に、物販もあります。パンフレットから、CD、Tシャツなど様々なものが販売されています。会場内には飲み物・食べ物持込禁止ですので、飲み物・食べ物は会場で購入する必要があります。飲み物は1本10ドル近くします 😯 水とかワインとか、いろいろあるんですが、結構高いのでご注意ください。私は7ドルの水を買いました。ま、でもこの水は記念ですね。

普通だったら高くて買わないけど、記念に買った

その他にもパンフレット(あっちではプログラムと呼ぶ)、CDのセットを買いました。CDが元々欲しかったので、パンフレットはついでに記念購入です。でも、後悔してないです。記念ですから。始まる前、幕間、終わってからも販売されていますので、是非!

 

幕間入れて、20時に開始して、23時くらいに終わった気がします。前半が1時間半くらい、休憩が15分くらい(忘れた・・・)、後半1時間くらいでした。結構長い感じがしました。

しかもちょっと言っておきたい!日本との文化の違い。

ニューヨークなのか、アメリカ全体なのか分かりませんが、基本的にみんなディナーを食べた後にエンターテイメントを楽しむのです。日本ってどちらかと言うと、「ミュージカル見たら、ご飯行こう」ってこと多くないですか?アメリカは逆です。

なので、何が言いたかったかというと、私は夜ご飯食べ損ねたわけです。はい。なんせ初めてのブロードウェイだし、1人だったし、遅刻とか、なんかあったらと思って、結構前もって会場に行ったし、色々見たいから会場で食べるとかも、食べてくるとかも考えていなかった。そのせいで、食べ損ねました。23時に終わったときには、考えられないくらいの空腹でした(笑)その日の夜ご飯は、部屋に戻って、日本から持ってきたカップラーメン食べました(笑)皆さんにはこんなことになってほしくないので、「ディナーを食べてから行く」と気をつけてください!

 

見終わって会場を出ると、大雨が降ってました。傘も持ってない、タクシーもみんな捕まえていて私まで回ってこなそうと、会場の前で一人黄昏ながら人が少なくなるのを待っていると、演者さんが入り口から出てきました!知らなかったんですが、毎回こういうグリーティングがあるみたいです!その日はロキシー・ハート役の女優さんが出てきました。知らなかったけど、ラッキーでした!なので、皆さんもちょっと残ってみるといいかもしれません。

 

最後に・・・

ブロードウェイのミュージカルは本物です。日本でも見たことないような迫力・演技力・歌唱力に出会い、感動することでしょう。ニューヨークに行くなら、必ず自分の観光ルートに追加して、見てもらいたいです!百聞は一見にしかずです。見たほうがいいと思います。

とはいえ、英語だらけで分かりにくかったり、ルールや文化が異なり迷うこともいっぱいあります。このブログも含め、ブロードウェイミュージカルに関する情報は日本語で、日本にいるうちから調べることができますので、色んな情報を集めて現地に向かってください。きっと最高のエンターテイメントを見て、最高の1日になること間違いなしです!

 

ブロードウェイミュージカルのチケット購入方法はコチラ!

今すぐ海外旅行を計画しましょう!オススメの予約サイトです。

海外航空券のオススメ!
クーポンOFF率が良い!検索画面の使いやすさ、航空券の管理が簡単でオススメ!


海外ホテルのオススメ!
とっても安いホテルから高級ホテルまで、登録数が豊富で安い!


海外現地ツアーのオススメ!
観光ツアーからエステまで、とにかく種類が豊富!


Wi-fiのオススメ!
受取と返却がとっても楽チン!価格もリーズナブル!
  • この記事を書いた人

starletiam

starletiam(スターレティアム)です。 SE会社部長をやっている30代主婦です。行きたい場所・イベントをレポートしてくれているサイトがなく困った経験を元に、自分でその行き方や体験をレポートすることにしました!

-ニューヨーク
-, , , ,

Copyright© Good Tabi -グッたび- , 2020 All Rights Reserved.