アメリカ全般

【旅先で洗濯するには?】アメリカのコインランドリーの使い方

http://goodtabi.com

アメリカ本土への旅行となると、1日や2日で行くのは難しいところです。やはり最低でも1週間近く日程を取って行くことになると思いますが、そんな時の荷物はどうしますか?10日間の旅行となった場合、10日分の下着や洋服を持っていくというのは、かなり荷物になります。ましてホテルでランドリーを頼むと高い・・・そうなってくると、「現地で洗濯できればな・・・」と思うのではないでしょうか?

今回のこの記事では、旅行中に使えるアメリカのコインランドリーの使い方をご紹介します。

為替レートはこちらを参考にしてください

 

 

 

アメリカでは”コインランドリー”じゃない

アメリカでは”コインランドリー”って言いません!

”ラウンドロマット(Laundromat)”と言います。

コインランドリーという言葉で探しても見つかりませんので、気をつけましょう!

しかし、意味合いはコインランドリーと同じです。

コイン式の洗濯機・乾燥機があり、使用都度お金を支払って使います。

ザ・アメリカン・コインランドリー

ただ、使い方は大きくことなりますので、説明していきます。

 

 

洗濯する前に・・・

アメリカのコインランドリーって、文字通り”コイン”が必要なんです!

日本のコインランドリーで洗濯すると200~300円かかると思いますが、
日本であれば200円などはすべてコインで支払うことができます。

アメリカでも同様に200円だった場合、普通の感覚なら1ドル紙幣を2枚用意しがちですが、違うんです!

 

アメリカのコインランドリーでの支払いは、すべて25セントのコインで行うんです!

 

自分
ちょっと待ってよ、そんなに25セントのコイン持ってないよ!

ですよね、それが普通です。

大丈夫です、基本的にどこのコインランドリーにも両替機があります。

昔のゲーセンの両替機みたいだな

こんな形で、25セントコイン専用の両替機です。

 

とはいえ、両替機がないこともありますので、事前に両替機があるかどうか確認しておくか、25セントコインを貯めておいた方がよいです。

 

自分
25セントコイン何枚必要なの?

それは使う洗濯機や乾燥機、モードや使用時間に応じて変わります。

この後の使い方で説明していきます。

 

 

洗剤を買おう!

洗濯用洗剤や柔軟剤を持ってきているのであれば、それを使いましょう。

殆どの人はわざわざ持ってきていないと思うので、その場で購入しましょう!

 

こんな感じで販売されています。

日本でいったら、アタックとかトップみたいな代表的な洗剤かな

アメリカの代表的な洗濯用洗剤と柔軟剤が売っていますので、購入しましょう。

★アメリカの洗濯用洗剤・柔軟剤の代表例

洗濯用洗剤 柔軟剤
Tide Downy
Gain Bounce
OXI CLEAN Snuggle

このコインランドリーではすべて75セントで販売されていました。

 

注意ポイント①

洗剤購入も全部25セント

まさかの洗剤購入も25セントコインです!

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、溝に25セントコインが3枚入っているの分かりますか?

溝に25セントコインを入れる

このように溝にコインをセットした上で、そのコインを押し込むと、商品が出てきます!

購入もすべて25セントコインが必要なのです。

 

注意ポイント②

柔軟剤はシート型?!

日本人の感覚だと、柔軟剤は液体しかお目にかからないと思います。

しかし、アメリカには”乾燥機にかける時に使うシート(紙)型の柔軟剤”っていうのがあるんです!

もちろん液体の柔軟剤もありますが、シート型の柔軟剤もありますので、どちらを使うのか決めた上で購入しましょう。
(どちらもダブルで使ってもいいかもしれませんが、2回も必要ないと思います)

 

私のオススメは断然、”シート型の柔軟剤”です!

理由はこの後の説明の中で書いていきます。

 

 

洗濯しよう!

それでは実際的に使い方を説明しましょう。

 

これが洗濯機です。

勘違いしないでくださいね、乾燥も一緒にできるタイプじゃありません。

この見た目で”洗濯専用の洗濯機”です!

日本だとこれは乾燥機と思っちゃうよね

 

step
1
洗濯物を入れましょう

ドアを開けて、洗濯物を入れます。

パンパンに入れないよう気をつけましょう。半分くらいまでを目安にしましょう。

そして、ドアを閉めます。

 

step
2
洗剤を投入しましょう

そのあと、洗剤を入れるのですが、洗剤は洗濯機の上にありました!(機種によって異なる)

  1. 液体の洗濯用洗剤
  2. 粉の洗濯用洗剤
  3. 液体の柔軟剤

です。入れるべきところに、必要な洗剤を入れてきましょう。

 

step
3
洗濯サイクルの選択をしましょう

 

この機種では”Wash Cycle(洗濯サイクル)”を4種類から選択できます。

以下より選択の上、サイクルボタンを押下しましょう。

■Heavy Soiled / Hot Water
白色の服、汚れが多い服のコース。縮みに注意。熱いお湯を使用。

■Perm Press / Warm Water
アイロンが不要な服(ワイシャツ、スラックスなど以外)のコース。ぬるいお湯を使用。

■Normal Wash / Warm Water
通常の衣類のコース。ぬるいお湯を使用。

■Delicate Knits / Cold Water
暗い色の衣服、デリケートな衣類のコース。冷たい水を使用。

 

step
4
コインを投入してスタート

この洗濯機は、1回2ドル25セントです。

つまり、25セントコインが5枚必要なので準備できたら、投入しましょう。

いよいよ洗濯のスタートです!

 

気になるポイント①

洗濯は何分くらいかかるの?

1回の洗濯で30分前後と思っておきましょう。

洗濯したコースによって、かかる時間が変わると思いますので、少なくても40分程度を見込んでおきましょう。

 

気になるポイント②

離れて大丈夫?

洗濯中、洗濯機から離れて、他の用事を済ましたり、どっかで暇つぶししたりしたいですよね。

洗濯中は大丈夫だと思います!

洗濯途中でドアを開けることは中々むずかしいですので、大丈夫だと思います。

しかし、終わってドアを開けることができるようになると、盗まれる可能性もあります。

必ず終わる前に戻ってくるように気をつけながら、離れましょう。

 

step
4
終わったら、取り出そう

終わったら、取り出します。

近くにこんなカゴがありますので、それに入れて、乾燥機まで運びましょう。

なんだか不思議なカートだよね

 

 

乾燥しよう!

次は乾燥です。

 

step
5
ドアを開けて、洗濯物を入れよう

こんな感じの乾燥機です(洗濯機との区別があんまりないよねw)

ドアを入れて、洗った洗濯物を入れましょう。

その際に、ゴムやプラスチックが付いているような服とかは入れないようにしましょう。

温まって、溶けてしまう可能性があるかもしれませんので・・・

洗濯機との区別つかないよwww

 

ココでポイント

シート型の柔軟剤は、このタイミングで投入!

「シート型の柔軟剤は、いつ使うの?」って思ってませんでしたか?

今です!シート型の柔軟剤を投入しましょう!

シート型の柔軟剤は、乾燥時に使用するものなんです。

洗濯中に柔軟剤を投入していなくても、このタイミングでシート型の柔軟剤を入れれば、ふわふわに仕上がりますよ。

いや、むしろシート型柔軟剤の方が、ふわふわでとってもいい匂いが最後に付くので、オススメです!

 

 

step
6
温度設定をしましょう

洗濯物によって、設定が変わります。

■High Temp
高温での乾燥。綿素材などで丈夫そうな服がメイン。

■Mid Temp
中温での乾燥。いわゆる標準モード。

■Low Temp
低温での乾燥。デリケートな服がメイン。

■Delicates
低温での感想。かなりデリケートな服(例えばシルクの下着みたいな)がメイン。

洗濯物に応じて、設定しましょう。

 

step
7
コインを投入して、スタート!

25セントコイン1枚で7分間の乾燥ができます(機種によって異なる)

自分が行いたい分のコインを投入していきましょう。

洗濯量にもよりますし、大体ではありますが、
5枚(35分で1ドル25セント)くらいは最低でも投入しておいた方がよいかと思います。

 

時間が来たら、ドアから出して完了となります!

 

もっと詳しく

あの青い台は何?

コインランドリーに行くと、画像の左側に映っているような”青い台”があります。

これは何をするところかというと、”乾燥し終わった洋服を畳むところ”です。

みんなここで畳んでから持って帰るんです!

日本だと乾燥が終了すると、ざっと袋に入れて持って帰ると思いますが、アメリカでは畳んで持って帰ります。

って、人にもよると思いますがwww

 

 

 

最後に・・・

ニューヨークでは備え付けでない限り、洗濯機を置くことが許されていません。そのため、みんな日常的にコインランドリーを使用しています。そのため、さびれたコインランドリーというのはなく、人の出入りも激しい感じです。

アメリカは日本から遠く離れているため、日帰りや1泊2日など短期旅行で行くことは殆どないかと思います。1週間近く滞在すると、洋服が足りなくなってくるかもしれません。そんな時に”洗濯できる方法”を知っていれば、困りませんよね。

是非この方法で、アメリカで洗濯をしてみましょう!なんか現地人になった気分で、ちょっと楽しくなりますよ。

 

海外でのレストラン予約や、コンサートチケット予約方法も知っていると便利ですよ!

 

 

 

 

 

 

今すぐ海外旅行を計画しましょう!オススメの予約サイトです。

海外航空券のオススメ!
クーポンOFF率が良い!検索画面の使いやすさ、航空券の管理が簡単でオススメ!


海外ホテルのオススメ!
とっても安いホテルから高級ホテルまで、登録数が豊富で安い!


海外現地ツアーのオススメ!
観光ツアーからエステまで、とにかく種類が豊富!


Wi-fiのオススメ!
受取と返却がとっても楽チン!価格もリーズナブル!
  • この記事を書いた人

starletiam

starletiam(スターレティアム)です。 SE会社部長をやっている30代主婦です。行きたい場所・イベントをレポートしてくれているサイトがなく困った経験を元に、自分でその行き方や体験をレポートすることにしました!

-アメリカ全般
-, , , ,

Copyright© Good Tabi -グッたび- , 2020 All Rights Reserved.