アメリカ全般

【旅行前に準備しよう!】アメリカでの移動手段「Lyftの登録」

2018-10-16

http://goodtabi.com

広大なアメリカ旅行において自分で車を運転しない場合には、タクシーサービスを利用すると思います。アメリカ旅行での移動手段として重宝されるタクシーサービス「Lyft」は、スマートフォンアプリを使って配車・乗車を行います。2018年10月現在はまだアメリカでしか使用することはできませんが、アプリ自体は日本を出発する前から登録・設定が可能です。

この記事ではまず使用する前に、日本でアプリダウンロードから登録までの方法をご紹介します。

 

登録する前に

スマートフォンが必要!

このLyfyはスマートフォンアプリを使用してサービスを利用します。ですので、スマートを持ってないと使用できません。

 クレジットカード・ApplePay・PayPalのどれかがないと使えない

スマートフォンはもちろんのことなのですが、クレジットカード・ApplePay・PayPalアカウントがないと使用することができません。

また、アメリカの電話番号で登録すると、ApplePayに紐付けるクレジットカードはアメリカ発行のクレジットカードでないと使用できないようです。ちなみに私は日本発行のクレジットカードをApplePayに紐付けていたのですが、使用できませんでした。(日本の電話番号で登録すれば、日本発行のクレジットカードでもOKです)

ですので、今回はLyftでまだ使ったことがないPayPalアカウントを使うことにしました。

アメリカの通販などではアメリカ発行のクレジットカードでないと購入できないことがたまにあります。そんな時にもPayPalは使えたりしますので、とても便利です。

 PayPalアプリのダウンロードはこちらから

PayPal
ファイナンス, ユーティリティ無料

これを機会に登録してみるのも、1つの手です。

 

行く場所ではLyftが使えるの?

アメリカの行く場所がLyftの使用範囲なのかを確認しましょう。

Lyft使用できる場所・エリアはLyftのホームページをご覧ください

日本人が観光で行くアメリカ都市は網羅しているのではないかと思いますが、それ以外の地域はちょっと微妙ですので、確認してから登録・使用することをオススメします。

 

Lyftに登録しよう

"登録する前に"をお読みいただき、大丈夫!という方は登録していきましょう。登録は日本でもOKで、日本での携帯電話番号、クレジットカードまたはPayPalアカウントが必要となりますので、まだ準備ができていない人はまず準備してから登録を行いましょう。

 

まずはアプリをダウンロードしよう

まず、Lyftを使用するにはスマートフォンで”Lyftアプリをダウンロードする必要があります。これは日本にいてもダウンロードが可能となりますので、ダウンロードしましょう。

Lyft
旅行, ナビゲーション無料

 クーポンコード ”MAI00501"を登録すると、5ドルクーポンがもらえます

 

登録

それでは登録を始めましょう。アプリを立ち上げると、”Get Started”というボタンが出現しますので、押下します。

電話番号を入力する画面が出現しますので、日本で使っている電話番号を入力し、”→”を押下します。

SMSで認証番号が送られてきますので、認証番号を入力します。

名前を英語で入力し、”→”を押下します。

次にメールアドレスを入力し、”→”を押下します。

Lyftのサービス利用規約とプライバシーポリシーに同意するなら、”Yes”を押下します。

下の画面のようなポップアップが出ますので、位置情報の利用を許可します。

次に支払方法選択画面が出ますので、クレジットカード使用の場合はカード番号を入力、PayPal利用の場合は”PayPal”を選択し、必要なログインなどを実施してください。

支払の設定が終わると、以下のような画面になります。どちらのボタンを押していただいてもOKです。

次に以下のような画面になり「通知をオン」にする設定となりますので、必ず”Allow(許可)”を選択してください。このLyftではこの通知が重要です。

これで登録は完了となります。

 

使い始める前に

使い始める前に大事なことがあります。それはクーポンコードの登録です!いくらシェアライドが安いからといっても、もっと安くできる限りは安く乗れた方がいいです。

 以下のクーポンコードのリンクよりご自身にあったクーポンの登録をしましょう。

個人的に利用したのは、”$20<$2 credit per ride for 10 rides>”というクーポンです。これは1回の乗車につき2ドル割引で、10回乗車まで使用可能なクーポンでした。ですので、クーポンで無料となる2ドルをチップにすると決めて、シェアライドに乗っていました。

 

最後に・・・

現在、アメリカではUBERよりもLyftの方が圧倒的優勢になってきています。とはいえ、ドライバーは大体UBERもLyftも兼務して、車を走らせています。Lyftの捕まりが悪いときはUBERを使う、UBERの捕まりが悪いときはLyftを使うなど、臨機応変に使ってみるのもいいかもしれません。

また、イエローキャブはサービスが悪いですし、料金も高いので、是非このLyftをアメリカ観光での足として利用してみてください。こういったサービスのおかげで、観光の選択肢もグッと増えますよ。

 

Lyftの使い方や料金はコチラ!

 

 

View this post on Instagram

 

大人のニューヨークは時間と体力をお金で買うべきだと思って、すごくLyftを使いました数えたら40回超えて乗ってたんですがw、シェアライドのおかげで安く済んだのでオススメスタジアムやライブ会場では当たり前に乗り場もあるよ * I think that adults should buy time and physical strength with money, so I used Lyft very much. I got on Lyft over 40 times, but I recommend it because the share ride is cheap. There are also Lyft stops in the stadium and arena. * Lyftの説明は、よかったらブログをご覧ください。 * #lyft #シェアライド #ライドシェア #時間効率 #体力温存 #大人の観光 #タクシーサービス #ニューヨーク旅行 #ロサンゼルス旅行 #アメリカ旅行 #海外旅行 #ひとり旅女子 #30代女子 #30代の過ごし方 #足腰弱ってきたから

Starletiamさん(@starletiamworld)がシェアした投稿 -

 

今すぐ海外旅行を計画しましょう!オススメの予約サイトです。

海外航空券のオススメ!
クーポンOFF率が良い!検索画面の使いやすさ、航空券の管理が簡単でオススメ!


海外ホテルのオススメ!
とっても安いホテルから高級ホテルまで、登録数が豊富で安い!


海外現地ツアーのオススメ!
観光ツアーからエステまで、とにかく種類が豊富!


Wi-fiのオススメ!
受取と返却がとっても楽チン!価格もリーズナブル!
  • この記事を書いた人

starletiam

starletiam(スターレティアム)です。 SE会社部長をやっている30代主婦です。行きたい場所・イベントをレポートしてくれているサイトがなく困った経験を元に、自分でその行き方や体験をレポートすることにしました!

-アメリカ全般
-, , , ,

Copyright© Good Tabi -グッたび- , 2020 All Rights Reserved.